2014.06.06 UP

「Honig kugel と Fog signal と Park special」
溝口真一 •山本豊子 •耀樹孝鷺鶯 (ヨウナコウサギウグイス)による 3 人展

3人展/サムネイル
会期:
2014.6.7 sat - 6.29 sun
オープニングレセプション 6/7(土) 18:00〜
企画:
EARTH+GALLERY
入場料:
無料
主催:
EARTH+GALLERY(株式会社ZEエナジー)
時間:
11:00-19:00 ( 最終日は17:00まで )
※月曜休廊


 

 

この度、EARTH+GALLERY では、写真家 溝口真一、現代アーティスト 山本豊子、画家 耀樹孝鷺鶯 (ヨウナコウサギウグイス) による 3人展「Honig kugel と Fog signal と Park special 」を開催致します。

写真家 溝口真一は、「写真は目の前の風景(空間)を切り取り、大小様々な空間と時間を平面上に記録するもの」と捉え、そこに自由な視点と思考を組み合わせ、現在という空間に表現として再構築する制作活動を主としています。当展覧会にて展示予定の「Honig kugel」は、温度や湿度によって変化する、はちみつの特性を活かし” 現在” の象徴として用いることで、“過去” としての写真と「時間」の共有を表現、提示することで視覚的に捉えようとします。

また、現代アーティストである山本豊子の「Fog signal」は、昔、灯台もりが使っていた” Fog si-gnal ” という木製のバットをテーマにしています。当時、海上に霧がたちこめると、灯台もりが発砲やベルを使ったり、様々な手段で相手に自分の存在を警告しました。そのひとつが木製のバットを使用するもので、灯台もりはその大きなバットを両手に持ち、相手にサインをおくったといわれています。霧笛の発明とともに、現在はなくなってしまった” Fog signal ” ですが、再び東京の木場に登 場します。

EARTH+GALLERY の取扱い作家でもある画家 耀樹孝鷺鶯(ヨウナコウサギウグイス)は、「ラスコー の絵のように公園を描き、遊ぶ。」というテーマのもと、120 枚のイラストボードを並べたインスタレーションを展開します。日々の連続を俳句的手段により、マンガ的に瞬間を紡ぎ続けるヨウナコウサギウグイスのインスタレーションによる試みを当展覧会にてご覧頂けます。

この機会に三者三様に集うの作品の数々を是非ご高覧ください。






ARTIST PLOFILE 


溝口 真一  Shinichi Mizoguchi 

個展

1991 相模原市内田んぼ ( 相模原、神奈川県 )
1992 史水画廊 ( 恵比寿、東京都 )
1992 三鷹市内社宅アパート ( 三鷹、東京都 )
1997 SchauRaum ( デュッセルドルフ、ドイツ )
1999 Blumen F.U.S.S ( デュッセルドルフ、ドイツ )
2002 第一生命南ギャラリー ( 有楽町、東京都 )
2005 SPICA art ( 青山、東京都 )
2006 gallery ユイット ( 新宿、東京都 )
2013 Lounge ( 横浜センター南、神奈川県 )

グループ展

1993 「Ver Packung」ART icle Galerie ( ケルン、ドイツ )
1994 「MADE IN MAURITIUS」Art&Design Centre ( ポートルイス、モーリシャス )
1995 「MADE IN MAURITIUS」Kunst Raum (デュッセルドルフ、ドイツ)
1995 「Das Heilige」Herz-Jesu-Kirche ( マール、ドイツ )
1996 「Serigrafie-Projekt」b2 Galerie ( ゾーリンゲン、ドイツ )
1996 「Dusseldorf-Poznan」International Artists Centre ( ポズナン、ポーランド )
1997 「in Guetersloh」kunstvereinGuetersloh ( ギューテスロー、ドイツ )
1997 「Germany-Korea」Kywon school of Art&Design ( ソウル、韓国 )
1997 「現代美術交流展」東京芸術大学芸術資料館取手館 ( 茨城県、日本 )
2002 「VOCA 2002」/ 上野の森美術館 ( 上野、東京都 )
2004 「VOCA 2004」/ 上野の森美術館 (上野、東京都 )
2008 「colors」Key Gallery ( 京橋、東京都 )
2009 「colors vol.2」Key Gallery ( 京橋、東京都 )
2009 「Beams」Key Gallery& 青樺画廊 ( 京橋、東京都 )
2010 「蘇生する空間」甲府駅北口旧 JR ビル ( 甲府、山梨県 )
2010 「PHOTO EXHIBITION」Hair Club Paris ( 目黒、東京都 )
2010 「Beams vol.2」Key Gallery&青樺画廊 ( 京橋、東京都 )
2011 「Beams vol.3」Key Gallery&青樺画廊 ( 京橋、東京都 )
2013 「Beams vol.4」Key Gallery&青樺画廊 ( 京橋、東京都 )

受賞
2002 『The Vision of Contemporary Art 2002』VOCA 奨励賞

 

山本 豊子  Toyoko Yamamoto 

個展

1995  由布院空想の森美術館 ( 大分 )
1996  Gallery FLOOR2 ( 東京 )
1997  由布院駅アートホール ( 大分 ) / Gallery FLOOR2 ( 東京 ) / ギャラリー川船 ( 東京 )
1998「達磨屋と逃亡癖」ART SPACE 貘 ( 福岡 ) 、Gallery FLOOR2 ( 東京 )
1998「寝床で水牛が膝をうつ訳」ギャラリーイデア ( 東京 )
1999 「賽の胡桃」茶房 workout ( 大分 )
1999 「賽のすくみ」Gallery FLOOR2 ( 東京 )
2000 「天秤の山羊は巡る」ギャラリーイデア ( 東京 )
2000 「シダ胞子の洋灰」ART SPACE 貘 ( 福岡 ) / ギャラリーマップ ( 福岡 )
2001 「CONTENT CONTES」麻布霞町画廊 ( 東京 )、アトリエ・ジム ( 東京 )
2002 「DiCEY FOOTS」現代 HEIGHTS / Gallery Den ( 東京 )
2003 「FRaCTUS TRaCES」ART SPACE 貘(福岡) / ギャラリーマップ ( 福岡 )
2004 「起源の運搬」ギャラリー覚 ( 東京 )、画廊翠巒 ( 群馬 )、ギャルリ ド アッシュ ( 福岡 )
/ ギャラリーマップ ( 福岡 )
2005 「起源の航路」現代 HEIGHTS/Gallery Den( 東京 )
2005 「8 階の書斎」café ユイット/gallery ユイット ( 東京 ) / 画廊翠巒 ( 群馬 )
2006 「霧の中の風景」ギャラリーマップ ( 福岡 )
2007 「霧の中の風景」ギャラリー福果 ( 東京 )
2008 「R.M.D.S.M.」現代 HEIGHTS / Gallery Den .ST ( 東京 )
2008 「宇宙時代の独身主義、さえも」art gallery closet ( 東京 )
2009 「R.M.D.S.M.」ギャラリーマップ ( 福岡 )
2009 「宇宙時代の独身主義、さえも」ART SPACE 貘 ( 福岡 )
2010 「R.M.D.S.M.」現代 HEIGHTS / Gallery Den .ST ( 東京 )

グループ展・その他

1996 「コレクターのすすめ」O ギャラリー up,s (’97.’98) ( 東京 )
1998 「NEW YEAR COLLECTION」ギャラリーイデア (’99.’00.’01) ( 東京 )
1998 「SUMMER COLLECTION」ギャラリーイデア (’99.’00.’01) ( 東京 )
1999 「Something ’99」ギャラリー伝+ FLOOR2 ( 東京 )
1999 演劇公演「時々自動的思考」シアタートラム ( 東京 )
2000 「VOCA 展 2000 現代美術の展望」上野の森美術館 ( 東京 )
2001 「脱プン主義。」ギャラリーイデア ( 東京 )
2002 「第2回現代版画の表現展-モノクロによる表現展」画廊翠巒 ( 群馬 )
2004  第 7 回資生堂 ADSP 入選
2005  ギャラリーマップ ( 福岡 )
2006 「New Year’s card by Japan Artist」(セルビア )
2007 「アートスペース獏の 30 年」ART SPACE 貘 ( 福岡 )
2007 「セルビアはいかがでしたか?」現代 HEIGHTS / Gallery Den ( 東京 )
2007 「希望する絵画・私たちの態度 2007」大分県芸術会館 ( 大分 )
2008 「ルナ・パーク」art space kimura ASK? ( 東京 )
2008 「零のゼロ 2008」アートプラザ(大分)


耀樹孝鷺鶯 YOUNAKOUSAGIUGUISU


個展

2004 「マッドクローム:ア ソース グープド カー」ギヤラリーエス ( 東京 )
2005 「マッドクローム:ア ソース グープド クランクシャフト」現代ハイツ ( 北沢 / 東京 )
2006 「マッドクローム:ア ソース グープド カムシャフト」ギャラリーユイット ( 新宿 / 東京 )
2006「マッドクローム~:ア ソース グープド シリンダー ブロック」DESPERADO ” Window Dressing of buyable art” ( 渋谷 / 東京 )
2007「BILLY IN BERLIN is in YURAKUCHO」エキジビション・スペース ( 丸の内 / 東京 )
2007「BILLY IN BERLIN is in MINAMIAOYAMA 」スピカアート (  南青山 / 東京 )
2007「BILLY IN BERLIN3」ギャラリー福果 ( 神保町 / 東京 )
2007「BILLY IN BERLIN4」Gallery Den ST ( 世田谷 / 東京 )
2007「BILLY IN BERLIN5」Gallery ユイット ( 新宿 / 東京 )
2008 「スルーザ マウンテン」スピカアート( 南青山 / 東京 )
2009 「Mr.DAILY」gallery 福果 ( 神保町 / 東京 )
2009 「Mr,tomorrow from japan」O3one ( ベオグラード / セルビア)
2010 「MR.CALENDAR」ギャラリー零∞ ( 銀座 / 東京 )
2010 「Mr.Tomorrow」現代 HEIGHTS ( 北沢 / 東京 )
2011 「MR..SOON」ZAP 瑞聖寺 ( 白金台 / 東京 )
2012 「Mr.JOURNEY」ギャラリー零∞(zerohachi) ( 銀座 / 東京 )
2012 「EXCUSE ME MR.(2007-2012)」EARTH+GALLERY ( 木場 / 東京 )
2013 「ONE SECOND AND ONE DAY ( 一日と一秒 )」EARTH+GALLERY ( 木場 / 東京 )
2014 「DON’T WORRY,MOM」ギャラリー零∞ (ゼロハチ )  ( 銀座 / 東京 )

グループ展

2001 「イタヅ・リトグラフィック展」カスヤの森現代美術館 ( 神奈川 )  *「不二耳」として
2002 「イタヅ・リトグラフィック展」Gallery ARCHI ( 東京 )  *「不二耳」として
2005 「旗展 The 1st International ARTISTS FLAGS Festival」( セルビア・モンテネグロ )
2006 「Master Grafika イタヅ・リトグラフ工房展」 DELL Gallery@Queenland College of Art,Griffith University ( オーストラリア )
2007 「年賀状展+イタヅ・リトグラフ工房展」SKC Gallery  ( セルビア・モンテネグロ )
2007 「未知への投擲 Vwhat about becoming a collector!」カスヤの森現代美術館 ( 神奈川 )
2008 「現代作家・絵画展」 カスヤの森現代美術館 第二展示室 ( 神奈川 )
2008 「第 1 回タグボート・アワード展」クリアーレ青山アートフォーラム ( 東京 )
2009 「A trace of 10 years in Gallery Den」現代 HEIGHTS Gallery Den ( 東京 )
2009 「Itazu Litho-Grafik ” リトグラフって何だ? ” リトグラフ展」調布市文化会館たづくり1階 展示室  ( 東京)
2012 「Sa Okayame 岡山から -2012 セルビアと日本のアーチスト」岡山天神山文化プラザ2F ( 岡山 )
2012 「Sa Okayame 岡山から -2012 セルビアと日本のアーチスト 小品展」現代 HEIGHTS Gallery Den ( 東京 )
2012「the area -領域ー」零∞ (ゼロハチ) ( 東京 )
2013 「Imago Mundi」( ベネトン財団によるプロジェクト ) Fondazione Querini Stampalia (イタリア 他 )

受賞
2008 最優秀賞「第 1 回タグボート・アワード展」