1780750_735711969809167_471747446873231381_n

2014.11.13 UP

小林 嵯峨 with いとう まく / 異形の出会い -Stoned Soul Picnic Vol.69 -

会期:
2014.11.28 fri
企画:
ジャパノイズ・ネット
入場料:
ご予約 2200円 / 当日 2500円
いづれも1drink付
主催:
EARTH+GALLERY(株式会社ZEエナジー)
時間:
0PEN 19:30 / START 20:00

 

“孤高の舞踏家”『小林 嵯峨』と、”全体音楽家”『いとう まく』の出会いが紡ぎ出す唯一無二の時間☆
『異形の出会い』の瞬間を目撃せよ!

 

1780750_735711969809167_471747446873231381_n

 

 

 

 

 

 

 

 

◉ 小林 嵯峨  Saga Kobayashi

1969年より土方巽に師事。
燔犧大踏鑑には1975年まで在籍。第2次暗黒舞踏派の主力メンバーとして伝説的舞台となった1972年「四季のための二十七晩」、1973年「静かな家」など全ての作品に参加。
その後〈彗星倶楽部〉を立ち上げるが1987年からソロ活動を開始する。1983年芦川羊子と共にJapan Festivalに参加、ヨーロッパ6カ国を巡演。

また、「サンフランシスコ舞踏フェスティバル」、ドイツに於ける「MAM舞踏とJAZZフェスティバル」フィンランドに於ける国際ア-トフェスティバルなどに於いて舞踏公演、ワークショップを行う。
1998年にグループ名を〈小林嵯峨+NOSURI〉と改名。『アウラ・ヒステリカ』をテキストとする【アウラシリーズ】を展開、身体と心の無意識領域を探る。

その後もソロ、グループ公演、客演、コラボレーションなど積極的活動を行う。
2012年12月、「半分夢」以来5年ぶりのソロ公演「真冬の幽霊/ベルメール炎上」をキッド・アイラック・アート・ホールで行い、2013年7月には同会場で「短夜(みじかよ)…非在のものが顕われる/そして再びベルメール…」の三日連続四公演を果たす。 (写真:坂田 洋一)

 

◉いとう まく  Maq ITO 

ノイズと歪んだポップを自在に行き来する音楽家。
電子ノイズから、ギター、ピアノ、管楽器まで様々な楽器を操る
日本初のノイズデュオNORD(ノール)に参加。

徳間ジャパン・水族館レーベルより、鈴木慶一(ムーンライダース)プロデュースにて歌もの作品発表。
(同レーベルからはピチカートファイブ野宮真貴がデビュー)。

ジャパノイズ・オーケストラ主宰、灰野敬二との「紗夢座」、舞踏家とのコラボ、など多面的に活動。
作品に、ソロCD・“Inner Trance Organ(ITO)” (PSFレコード)、大友良英との共演盤”Aoyama Noise Live at Cay” (Airplaneレーベル)等。
http://japanoise.net/  (写真:烏賀陽 弘道、永井えいし)

 




お問い合わせ・ご予約
ジャパノイズ・ネット mcjapanoise@gmail.com

EARTH+GALLERY / gallery COEXIST-TOKYO
電話 03-5809-9949 MAIL:info@earth-plus.net
http://earth-plus.net/