2016.07.15 UP

「POWER TO THE PEOPLE」展関連企画
「芸術が社会にコミットすることは可能か?」
〜多様な立場からの円卓会議〜

会期:
2016.8.13 sat
入場料:
1,500(1drink付)
時間:
18:00 - 22:00

社会に果敢にコミットしようと試みるアーティストがさまざまな課題に直面しています。芸術作品に表明された政治的・社会的・倫理的な問題提起や啓発、告発をあくまで「表現」と捉えます。作家自身の社会的立場を呈した「活動」ではなく、芸術の名の下に制作した創作物である以上、そこには鑑賞者を納得させる「笑える/笑えないユーモア」や「美」といった要素が問われるのではないでしょうか。表現手法とその自由をめぐる「センス/センサー」をテーマにトークセッションをします。多様な立場の登壇者・来場者の皆さんとざっくばらんにビールでも飲みながら話せたらと思います。 (アートプロデューサー 住吉智恵)

出演:住吉智恵、原万希子、天野太郎、井上文雄(CAMP)
電力供給:町田電力






住吉智恵 Chie Sumiyoshi
s住吉智恵_ポートレート_photo by Mari Katayama 片山真理













アートプロデューサー、ライター。慶応義塾大学文学部美学美術史学専攻卒業。「FIGARO」「Pen」「VOGUE」「アサヒカメラ」などに美術や舞台について寄稿する傍ら、アートオフィス「TRAUMARIS」主宰。ジャンルにとらわれない多彩な展示やパフォーミングアーツ、アートブックやプロダクトの企画を手がける。横浜ダンスコレクション・コンペ2では2011〜2016年審査員を務めた。7/30(土)本会場のEARTH+ GALLERYにて2011年震災直後から継続している発電ポールダンサー〈メガネ〉とアーティスト12組による「自家発電ナイト2016」を企画プロデュースする。http://www.traumaris.jp




原万希子 Makiko Hara
原万希子ポートレート








バンクーバーの国際現代アジアアートセンター、センターAのチーフキュレーター(2007-2013) を経て現在はバンクーバーと東京を拠点に活動するインディペンデント・キューレーター。専門分野は、ソーシャリー・エンゲージド・アートと呼ばれるコンテンポラリーアートの実践で、そのような観点からカナダやアジアを中心に数々のプロジェクトを手がけてきた。主な展覧会、プロジェクトは、トロント市スコッシアバンク・ヌイ・ブロンシュ(2009)、鳥取藝術祭、AIR 475プロジェクト(2014−2015)、仮想のコミュニティー・アジアー黄金町バザール(2014)、マッシュアップ:近代文化の誕生展(バンクーバー・アート・ギャラリー、2016)。9月に、銀座若山美術館でシンディー望月個展、11月にセンターAで、台湾の先住民系アーティスト、チェン・エンマンのカナダ西海岸先住民とのフィールドリサーチと共同ラボラトリー展を企画中。




天野太郎 Taro Amano
ss天野太郎_ポートレート









2015年まで横浜美術館で国内外での数々の展覧会企画に携り、現在は横浜市民ギャラリーあざみ野で主席学芸員として企画展を担当。美術評論家連盟所属。 主な企画展覧会は、 「ニューヨーク・ニューアート チェース マンハッタン銀行コレクション展」(89年)、「森村泰昌展 美に至る病―女優になった私」(96年)、「奈良美智展 I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」展(2001年)、「ノンセクト・ラディカル 現代の写真III」(04年) 、「アイドル!」(06年)、「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」展(09年),「あざみ野コンテンポラリー もう一つの選択」展(15)、「石川竜一」展(16)など。横浜トリエンナーレ2005キュレーター、同トリエンナーレ 2011、2014キュレトリアル・ヘッド。多摩美術大学、女子美術大学、城西国際大学、国士舘大学非常勤講師。







井上文雄 Fumio Inoue(CAMP)
井上文雄_ポートレート











(CAMP / comos-tv /+journal / 基礎芸術 /社会の芸術フォーラム)オーガナイザー。「CAMP」の活動以外に、アート専門のインターネット放送局「comos-tv」、芸術生産に関わる人々のタブロイド「+journal」、万物についての立案・提言・リサーチを行うシンクタンク「基礎芸術」、社会とアートの関係性をめぐる言説と実践のためのプラットフォーム「社会の芸術フォーラム」などの企画・運営。 CAMP|http://ca-mp.blogspot.jp/ comos-tv |http://comos-tv.com/ +journal|http://cj-ca.org/ 基礎芸術|http://kisogei.org/ 社会の芸術フォーラム|http://skngj.blogspot.jp/




町田電力
町田電力









3.11東日本大震災の際の停電やガソリン不足で、エネルギーがいつでも手に入るものだと考えていたことに気がつかれされる。町田電力は、地域で自分たちが出来ることを考えて活動。 「旧暦七夕ライブ」でのソーラー電力供給、まちでん教室2014「シェーナウの想い上映会&WS」開催、「ミニソーラーで自家発電WS」開催、「POWER TO THE PEOPLE at SENDA」参加、「旧暦中秋名月ライブ」ソーラー電力供給などを実施。



イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記まで
TEL:03−3630−1655
MAIL:info@earth-plus.net