butterflydream2016-webbanner-r

2016.09.17 UP

ARICA Presents
蝶の夢 Butterfly Dream −ジャカルタ幻影—

会期:
2016.10.2 sun
入場料:
前売り 2,500円(1drink付)
当日 3,000円(1drink付)
時間:
14:00/18:00
※開場は開演30分前となります。

(現在EARTH+Cafe&Barページ工事中のため、GALLERYページでご案内させていただきます。)

butterflydream2016-webbanner-r

白い部屋。まどろむ女。その夢の内なのか、幻影のように現れる男。張りつめた静寂の中、突然、男は宙に舞い、蝶のように羽ばたき始める。男と女は、一瞬に閃光を錯乱させ、交錯する。滑稽にして哀感深い空前のパフォーマンス。

2009年8月に妻有で最初の公演を行って以来、「蝶の夢」は、その都度形を変えながら上演を続け、見るものに深い印象を与えている。今年10月15日・16日には、SALIHARA INTERNATIONAL PERFORMINGARTS FESTIVALの招聘を受け、海を渡りインドネシア・ジャカルタでの公演を行う。

 

◯チケット予約◯
Book Ticket:
WEB:
http://bit.ly/2astVwg
TEL: Tel 03-3630-1655 (11:00-19:00 月曜定休/Closed on Monday)

◯お問い合わせ◯
Contact:Theater Company ARICA
http://www.aricatheatercompany.com
mail@aricatheatercompany.com

会場/Venue:EARTH+cafe+bar
〒135-0042 東京都江東区木場 3 -18 -17 1F 3-18-17 Kiba Kouto-ku 135-0042 Tokyo
Tel/Fax 03-3630-1655 (11:00-19:00 月曜定休/Closed on Monday)
アクセス/ACCESS:
東西線 木場駅3番出口から徒歩6分
東西線 大江戸線 門前仲町駅1番出口から徒歩10分




カンパニープロフィール/Company Profile

ARICA
2001 年設立。演出家・藤田康城、アクター・安藤朋子、詩人、批評家・倉石信乃らを中心にし、テキスタイルの安東陽子、デザイナー須山悠里などが加わり、多分野のエキスパートが集結するグループ。ソロ・パフォーマンスを軸としながらも、公演毎に、ダンス、美術、デザイン、建築など各分野で活躍するアーティストやゲストパフォーマーとのユニークなコラボレーションを展開している。先鋭的な身体と声(言葉)の探究をテーマに、サイト・スペシフィックなアプローチや、身体と共振するライブ演奏、メカニカルな装置の導入等を通じて、身体表現の新たな地平を切り開く実験的な作品を発表し続けている。近年は、インドとの関係を深め、インドでの公演やワークショップ、インドの俳優との共同制作など行っている。一方、長年サミュエル・ベケットの研究を続けており、その成果としてベケットにインスパイアーされた作品も上演している。先端的なモダニズムとヴァナキュラーな語法が融合された舞台に、演劇やダンスといった枠も超えたパフォーマンスとして国内外で注目を集めている。

 Formed in 2001. Yasuki Fujita (Director), Tomoko Ando (Actor), Shino Kuraishi (Poet) as core member, they create mainly solo performance. Each creation featured the unique collaborations with various artists and performers working in dance, graphic art, design, and architecture. They have explored the progressive physical and vocal expression as the center of their theme. Through the site-specific approach, live music and mechanical devices resonating the body movements, they develop their experimental way of creation in order to open up the new horizon of body expression. In recent years, they often have visited India, and developed their collaboration with the native actors through their performances and workshops. They also have studied about Samuel Becket for some years, and created the pieces inspired by his work. The ARICA’s works, interweaved with the progressive modernism and the vernacular terms, have attracted national and international audience as performance beyond the boundaries of theatre and dance.





メンバープロフィール/Member Profile


 藤田康城(ふじたやすき)/ARICA 演出家

1999年より、劇団転形劇場の中心俳優の一人であった安藤朋子らと身体訓練をベースとしたエチュードを重ねる。その成果として2001年サミュエル・ベケットのテキストを構成した「彼女はそこに、再び、−ムーヴ・オン・ベケット」を上演。「クワッド(Quad)」に代表される後期ベケットのフォルマティブな身体的表現のアクチュアリティを探究する。2001年4月、安藤、詩人、批評家の倉石信乃らと共にARICAを設立。同年11月第1回公演「Homesickness」から、今まで全作品の演出を担当。2009年2 月新国立劇場にて、ジェルジ・リゲティのオペラ「ル・グラン・マカーブル」日本初演を演出。本作品は、音楽雑誌「音楽の友」のアンケートにより、2009 年度オペラ部門では最上位に選ばれた。身体表現を中心としながら、言語、空間、音楽、装置が緊密に連繋し、演劇、ダンスの領域を越境する新たな舞台表現を探究している。

Yasuki Fujita / Director
Yasuki Fujita is a founder and director of ARICA. He started developing etudes based on physical training with Tomoko Ando, a former actor of Tenkei Theatre Company in 1999. As the result, they produced “She was there Again – Move On Beckett” composed by Samuel Beckett’s various texts in 2001. He practiced formative physical expression and its actuality appeared in Beckett’s late works such as “Quad”. In the same year, ARICA was founded. Since then he has directed all ARICA’s works. In 2009, he directed Japan premiere of Ligeti György’s opera “Le Grand Macabre” at the New National Theatre, Tokyo. The work was selected as the best opera in 2009 by the Japanese classical music magazine, ONGAKU NO TOMO. He has explored a new physical expression crossing the boundaries of dance and theatre through close interaction with texts, space, music and sets.

 

 

安藤朋子(あんどう ともこ)/ARICAアクター

1977年~1988年劇団転形劇場在籍、その間太田省吾作・演出の全作品に出演。代表作に「水の駅」「↑」など。解散後も太田とともに活動を続け、1991年ベルリンでの日独共同プロジェクト、また1995年BESETO演劇祭など国際共同制作にも従事。さらなる実験的アプローチの探求のため、2001年演出家・藤田、詩人・倉石らとARICA設立、これまでのARICA国内外の全作品に出演。2005年カイロ国際実験演劇祭にて「Parachute Woman」でベスト・ソロ・パフォーマンス賞を受賞。2010年ニューデリーNSDフェスティバルで「KIOSK」を上演、それ以来インドのアーティストたちとの交流も深めている。

Tomoko Ando / Actor

Tomoko Ando begun her career in Tenkei Theatre Company and appeared in all pieces written and directed by Shogo Ohta between 1977-1988. The representative works include “Water Station” and “↑ (YAJIRUSHI)”. After the company’s dissolution, she continued working with Shogo Ohta, and engaged with various international collaborations like the Japanese German collaboration project, Berlin in 1991, and the BeSeTo festival, Tokyo in 1995. For further exploration of experimental approaches, she founded ARICA with the director, Yasuki Fujita and the poet, Shino Kuraishi in 2001. She has played as the main actor in the ARICA’s all works to the present. She was awarded the Best Solo Performance at the Cairo International Experimental Theatre Festival for “Parachute Woman” in 2005. She also has fostered the collaboration with Indian artists since she performed “KIOSK” for the National Theatre Festival, NSD, New Delhi in 2010.

首くくり栲象(くびくくりたくぞう)/アクショニスト

1960年代の終わりから、路上、ギャラリー、劇場等、場所を問わずにさまざまなアクションを実践してきた。1969年にはじめての首吊り行為を寺山修司が主宰していた天井桟敷館でおこなう。以降、風倉匠(1936-2007)、高松次郎(1936-1998)、松澤宥(1922-2006)ら美術家たちとの交流の中で、その表現を純化してきた。そして1997年より現在まで19年の間、嵐の夜も吹雪の夜も、毎日自宅の庭の椿の木で首を吊り続けるという孤高の行為を刻んでいる。2002年にはじめての首つりの劇場公演、翌03年からは、自宅の庭を「庭劇場」と名付け、数人の観客を前にしてアクションを始めて、現在も毎月のように公演を続けている。2016年、1月にはインド、ケーララ国際演劇祭に参加し、大きなマンゴーの木で首くくりのアクションを行って、満員の観客に衝撃を与えた。


Takuzo Kubikukuri / Actionist


Since the end of the 1960s, Takuzo Kubikukuri started practicing his site specific performance on the streets, galleries, theatre and so on. His first act of Kubikukuri (hanging) was performed for Tenjyo Sajiki led by Shuji Terayama in 1969. Since then, he has refined his hanging act through collaborating with Japanese avant-garde artists such as Sho Kazakura (1936-2007), Jiro Takamatsu (1936-1998) and Yutaka Matsuzawa (1922-2006). From 1997 to the present, for 19 years, he continues hanging his neck to the rope under the tree in his garden by himself every day. He began performing hanging in theatre in 2002.  From the following year, he opens Niwa Gekijyo (garden theatre) at his garden monthly to perform hanging in front of the few audience members. In 2016, he performed at the International Theatre festival of Kerala, India. His hanging under a big mango tree astonished the overseas audience.

 

演出:藤田康城
出演:首くくり栲象&安藤朋子
衣装:安東陽子
グラフィック・デザイン:須山悠里
制作:椙山由香
協力:EARTH+cafe+bar、シバイエンジン

Directed by Yasuki Fujita
Performed by Kubikukuri Takuzo & Tomoko Ando
Costume Design: Yoko Ando
Graphic Design: Yuuri Suyama
Production Coordinator: Yuka Sugiyama
Supported by EARTH+cafe+bar, SHIBAI ENGINE