くままでのおさらいweb

2016.10.09 UP

井上奈奈 絵本「くままでのおさらい」出版記念展

会期:
2016.11.4 fri - 11.20 sun
入場料:
入場無料※イベント時参加費あり
時間:
11:00-19:00

(現在EARTH+Cafe&Barページ工事中のため、GALLERYページでご案内させていただきます。)

くままでのおさらいweb

この秋、アースプラスギャラリー取り扱い作家の井上奈奈が、話題の絵本『さいごのぞう』『ウラオモテヤマネコ』に続き、絵本『くままでのおさらい』(ビーナイス)を刊行します。ギャラリーでは出版にあたり記念展示をm i d d l e f l o o r にて開催することになりました。展示では、会場演出にREIKOMONOを迎え、原画数点とインスタレーション作品を展示予定です。是非お立ち寄りください。


きみとわたしの さかいめは どこだろう?―


綴じられているのは、祈りにも似た「やさしさ」が紡いだ物語。

絵本『くままでのおさらい』は特装版とハンディ版による2種類での同時刊行。特装版『くままでのおさらい』は美篶堂の職人により一冊いっさつ仕上げられる手製本。印刷は中野活版印刷によるデジタル孔版印刷を採用、この手法でしか出すことのできない独特の「にじみ」や「ずれ」を楽しんで頂きたい。また、絵本には活版により一冊一冊シリアルナンバーが入れられる。
この秋、工芸品のごとく美しい絵本『くままでのおさらい』の誕生です。

ぱくぱくごっくんの音韻が忘れられない。この本は世界を飲み込む不思議な魅力に満ちている。
―今までに類を見ない〝考える絵本〟の登場である。
芦原伸(「SINRA」編集長)

くまになってみたいと思ったことはある?ぼくはある。ばりばりと骨をくだいてうまそうに魚を食べるんだ。ふかふかのコケのベッドで大きないびきをかくんだ。お気に入りの相手といつまでもじゃれあうんだ。
なにもおそれずに夜の森を歩くんだ。孤独なんかどこ吹く風さ
動物写真家 前川貴行

◯会期中のイベント◯

◆11月4日(金) 19時~Opening party ◆

EARTH+GALLERY CAFE&BARにてゲストにキュレータの澤隆志さんをお呼びし、会場演出でコラボレーションをしたREIKOMONOと井上奈奈、三者のショートトークを予定しています。

澤 隆志
1971年生まれ。映像作家/キュレーター。あいちトリエンナーレ2013, 東京都庭園美術館 TTM: Ignition Box などで映像プログラム提供。


◆11月18日(金)19時~ 
「絵本と糸紡ぎの夜」◆
参加費 2000円(1Drinkオーダー)

見て、作って、感じる大人の一夜。山田みぞれさんによる絵本『くままでのおさらい』の朗読パフォーマンスの世界に浸った後は、REIKOMONOのワークショップに参加。お気に入りの一冊につける世界で一つのオリジナルスピン(しおり)を紡いでみましょう。

※お申し込みはメール、TELにて
Tel/Fax 03-3630-1655
mail:cafe-bar@earth-plus.net

 





井上奈奈 n a n a i n o u e
奈奈プロフィール写真


 

画家・絵本作家。京都府舞鶴市生まれ、東京都在住。16歳のとき単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。国内外のギャラリーやアートフェアにて発表を続ける。近年では絵本作品を発表、代表作に『さいごのぞう』(日本図書館協会選定)や『ウラオモテヤマネコ』がある。雑誌や書籍の装画なども手がけている。
web site : http://nana-works.com/






山田みぞれ/朗読家

読んだり、うごめいたりする朗読家。
ゆるふわ朗読ユニット・綿あめ文庫の主宰。
小スペースでの音楽家やダンサーとのコラボ、自身での企画ライブなども手がける。
現在、LIFE朗読作品として宮沢賢治の『貝の火』を100回公演進行中。



R E I K O M O N O
REICOMONOプロフィール画像

 

糸紡ぎ作家。独自の色彩センスや表現力を活かし、ブランドへの紡ぎ糸や織り地の提供・イベント会場の装飾などを行っている。ワークショップも各地で開催。
web site : http://reikomono.com/
Instagram : https://instagram.com/reikomono