2016上演アンデパンダン

2016.11.04 UP

第7回東京アンデパンダン展
上演アンデパンダン

会期:
2016.11.19 sat
企画:
EARTH+GALLERY
入場料:
無料
時間:
18:00 - 21:00

2016上演アンデパンダン

















絵画や彫刻の作家だけではなく、パフォーミング・アートのアーティストたちの場として「東京アンデパンダン展」は、上演者に自主参加上演の機会を提供します。11月19日(土)18:00開催の「上演アンデパンダン」ではパーティ参加者の前で自主上演することができます。制限時間は1名20分。

こちらも毎年粒ぞろいのアーティストが勢ぞろいです。


第7回上演アンデパンダン出演予定アーティストはこちら




横断小僧

1999年頃、山形県大蔵村の山奥集落、茅葺の劇場から踊り始め。
舞踏家・森繁哉の公演活動で50箇所近い舞台を踏む
2003年頃から、東京圏でのソロ活動開始。
近年は、路上ゲリラ踊り、と自宅改造劇場「仮小屋(仮)」での作品発表をメインに活動中。

風景と気配の踊りになりたい日々。
「terminal beach」
生きる、という事がどうも前向き過ぎて、日常が煩わしい時間となってしまった時、ヒトはそこからハズレて後ろ向きに退行することを夢見るのではないか…と。
ダンスも一度、己とか肉体といったニクニクしい自己からズレて、例えば真夏のコンクリートのような、爬虫類の甲羅干しのような、静かな時刻を在らしめられないものか、そんなダンスはないものか、と。
J.G.バラード短編「終着の浜辺」よりインスパイアされたモノナニカを踊りたいと。

image1












今村よしこ

ダンサー。クラッシックバレエを経て現在は吉沢恵に師事。個人の活動ソロやグループ作品の創作(canari)も意欲的に行う。様々な人と繋がり関わり踊る場を広げる活動中。音楽好きが高じて不定期開催の音楽とカフェダンスの会「Yの部屋」を主催。

2016 年活動

4月 かもねぎショット+吉沢恵ゲリラお祭りパフォーマンス vol.3  新 新 赤と白
6月 & 8月 SPCフェス (ソロ作品)
8月 絵空箱・yu-ki共催企画 ダンスプログラム2016 -夢踊-(グループ作品)
10月 「Yの部屋」vol.4(主催&ソロ作品)

image1














きか

プロフィール  千九百九十九年より踊り始め国内外を巡り今に至る。

きか


























佐藤薫yüsamajka(サトウカオルユサマイカ)

yüsamajkaのMVをきっかけに出逢った2人の両名から成るサイコ・ポップ・ユニット。
透きとおった闇の中に存在する幻を発光させるように視覚的に詩を綴る。

◆バレエダンサー 佐藤 薫(meli-melo kaoru Ballet主催)

3歳よりクラシックバレエを始める。2001~2010年 谷桃子バレエ団にて活動。他、埼玉舞踊協会,日本バレエ協会,神奈川芸術舞踊協会,世田谷クラシックバレエ連盟公演では、ソリストとして舞台に立つ。現在はmeli-melo Kaoru Balletを主催し、STAGE,SHOW,TV,LIVE等で創作活動しつつ自らも踊る。講師としては当スタジオにて横須賀・多摩川・蒲田クラス、又、東急スポーツオアシス横須賀,多摩川店キッズバレエのクラスを担当。モデルや役者の活動もあり、これらをmeli-melo(ごちゃまぜ)に愉しむ。

◆シンガーソングライターyüsamajka(ex.お料理人、富宝島輝作家)

自然と聴こえてくる歌で楽曲制作をスタート。ライブ活動の他、CM歌唱、音楽ラジオ番組など出演。廃材からアクセサリーを作る富宝島輝(フホウトウキ)ワークショップは、雑誌「装苑」他、meli-melo Kaoru Ballet のStageイベント等、キッズを中心に絶大的な人気を誇っている。料理人として、現在EARTH + GALLERYでの魔法のホリデープレートや現代アートのイベントを中心にケータリング業も担当中。

IMG_7631

 











その他

イベントに関するお問い合わせ、ご連絡はこちら
TEL:03−5809−9949
Mail:info@earth-plus.net