2016.12.30 UP

ながさわたかひろ 個展
「レッツゴー!ながさわたかひろ、その愛のカタチ。」

201702_ex_ロッテvsソフトバンク 1-3回戦
会期:
2017.1.29 sun - 2.12 sun 月曜休廊
企画:
濱星啓
入場料:
無料
主催:
EARTH+GALLERY
時間:
11:00 - 19:00
※初日は15:00から、最終日は17:00 まで

 この度、EARTH+GALLERYでは、ながさわたかひろの個展「レッツゴー!ながさわたかひろ、その愛のカタチ。」を開催いたします。

 ながさわは2009 年以降、「絵の力でチームの戦力になる」をコンセプトに、東北楽天ゴールデンイーグルス、東京ヤクルトスワローズ、千葉ロッテマリーンズといったプロ野球チーム全試合のハイライトを版画やペン画で描く『プロ野球画報』シリーズを制作活動の基幹に据え、取り組んできました。

また、野球のシリーズと並行して、自身が描きたい著名人のもとへ突撃取材し、その人物のポートレイトを版画で作成、モデル本人にコメントをもらって作品を完成させる『に・褒められたくて』シリーズの制作もライフワークとして継続しています。

ながさわの創作は、描く対象に肉薄し、ときに煙たがられながらも対話や折衝を重ね、作品へと昇華させるまでのプロセスを特徴としています。活動初期、ながさわはそれを「愛」と呼び、展覧会名に付していました。しかし、ここ数年は「プロ野球」などのキャッチーなテーマが前面に出てくるようになり、作品数も膨大なため、シーズン終了後に単年の成果を個展で発表する形式に落ち着いています。

本展では、これまで局所的にしか紹介されてこなかったながさわの仕事を時系列に沿い、一挙に展示いたします。展覧会そのものを新たなプロセスアートとして提示することも目論みます。

 この機会に是非多くの方にご高覧いただければ幸いです。

 

【トークイベント】

■ 1 月29 日(日) 16:00~ 入場料:1,000 円(1drink 付)
「野球とハイカルチャーが交差する場所」
 ゲスト:市川真人 氏 ( 文芸評論家・早稲田大学准教授)

■ 2 月5 日(日)  18:00~ 入場料:1,000 円(1drink 付)
「美術家・ながさわたかひろを解読する」
 ゲスト:山下裕二 氏 (美術史家・明治学院大学教授)

お問い合わせ/ご予約は
メール:info@earth-plus.net
TEL:03−5809−9949

まで




 

ながさわたかひろ

1972 山形県生まれ
2000 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース 修了

【 受賞 】
1999 第7回プリンツ21 グランプリ展 準グランプリ
2001 第9回プリンツ21 グランプリ展 特選
2001 第11 回ARTBOX 大賞展 版画芸術賞
2010 第13 回岡本太郎現代芸術賞展 特別賞

【 個展 】
2010 「愛」 art data bank / 銀座
2010 「ひとり相撲」 養清堂画廊 / 銀座
2011 「告白/ヤクルト愛」 ギャルリー東京ユマニテ / 京橋
2011 「プロ野球カード at ムサビ」 武蔵野美術大学 gFAL / 小平
2011 「応援/プロ野球カード」 eitoeiko / 神楽坂
2011 「プロ野球ぬりえ 2012・前半戦~運動音痴の僕がプロ野球選手になる方法~」BT gallery / 神保町2012 「プロ野球ぬりえ2012 ~魔球の伝説~」 eitoeiko / 神楽坂
2013 「プロ野球ぬりえ2013 ~新たなる希望~」 eitoeiko / 神楽坂
2014 「に・褒められたくて」 養清堂画廊 / 銀座
2015 「新・プロ野球画報~ながさわたかひろの逆襲~」 eitoeiko / 神楽坂
2016 「ながさわたかひろ展」 MeiPAM1 / 小豆島

【 グループ展 】
2008 アートプログラム青梅2008 「空気遠近法・青梅-U39」 / 青梅市
2012 1st Macau Printmaking Triennial / マカオ
2013 第1回 PAT in Kyoto 京都版画トリエンナーレ / 京都市美術館
2014 「ながさわたかひろ leads がんばれ!日本橋ベアーズ特訓中」 YUKI-SIS / 日本橋

【 出版 】
2014 『プロ野球画報 東京ヤクルトスワローズ全試合』(ぴあ株式会社)
2016 『プロ野球画報 2015 東京ヤクルトスワローズ全試合』(雷鳥社)
2016 『に・褒められたくて 版画家・ながさわたかひろの挑戦』(編集室屋上)