2017.01.13 UP

上根拓馬展
「飛天… APSARAS IN FLIGHT 」

201702_ex_kamine
会期:
2017.2.24 fri - 3.12 sun
入場料:
無料
主催:
EARTH+GALLERY
時間:
11:00-19:00 ※最終日17:00まで


飛天 



浮遊し・たゆたう・雲に乗り出現するG a r d i e n s

あるものは静かに合掌し、

あるものは持物を高らかに掲げ、

あるものは楽器を手にして音を奏でる。

雲と同じく、自由なる存在。

空に溶け込みながら天空を舞う。

内部に鳳凰を宿しながら光の表現となる。






この度、EARTH+GALLERYでは、仏像の世界をテーマに、東京、京都を中心に活躍する現代美術作家、上根拓馬(かみねたくま)の個展を開催致します。

氏は、仏教の世界に登場する神々の存在やそれらが持つ宗教観を研究、解し、フィギアとしての立体表現とそれを基盤とするインスタレーションにより、神々の世界に新たな観念を吹き込み、現代に再現させます。

また、氏は精神性を内側にこめた立体作品として、それらを「Gardien(ガーディアン)」と呼びます。幼少期に出会った仏像たち。それらが放つエネルギーに対峙した時の感覚は、現在の製作の根流であり、SF映画の宇宙服やスーツ、ロボットなどへの関心がさらなる要素となり、新たな仏像へと発展を続けます。現代の物質をパーツとし成り立つGardienは、いわゆるフィギュアの様相でありながら、仏の気配をもって静かに鎮座します。

「飛天…APSARAS IN FLIGHT(アプサラスインフライト)」と題された本展では、これまでに類をみないGardienの姿をご覧いただけると共に、オープニンでは、音楽家 藤田陽介氏によるコラボレーションイベントを開催いたします。是非この機会にご高覧、ご参加ください。
※Apsaras(アプサラス)は、インド神話における水の精で、その名は「水の中で動くもの、雲の海に生きるもの」の意。


◆企画関連イベント◆
2/25
(土)18:00~ Opening Event
音楽家 藤田陽介 による
コラボレーションパフォーマンス開催
入場料:¥1,000(ドリンク、軽食付き)

藤田陽介 http://fujita-yosuke.moo.jp




homura201401

 「焔…HOMURA」展/ 2014 EARTH+GALLERY










kiraku/press

2 Gardiens , the Kagerou no.1 、no.2 Narayan(摩利支天)/2014













幼少期といっても、記憶はさだかではない。
頻繁に京都の寺めぐりに連れて行かれ、仏像というものに出会った。
仏像たちの持つバックボーンなどの知識は皆無であったが、そこから発せられる得体の知れない雰囲気・内部から漏れ出る濃密な空気のようなものを感じとり、とても恐怖した記憶が残っている。


おそらく子供心に宇宙観というものを感じとっていたのであろうが、当時それが何かはわからず、ただただ心の中に深く刻み込まれたような感覚であった。

同じような時期に興味の対象であったSF映画の宇宙服やスーツ、そしてジャポニズム的なロボットたち。それらに対しても、なぜだかわからないが同じような匂いを感じとることがあった。

やがてそれは、恐怖という感情から何やらカッコいいという感情へと変化していったように思う。

人生において、制作というものが大きなウェイトを占めはじめたとき、少し忘れていたその感情たちが目を覚まし始めた。

 そこで、深く掘り下げながら作品に落とし込むことをはじめた。

 フィギュアを表現手段として、精神性を内側にこめた立体作品をGardienと呼ぶことにした。

それはまさに幼い日に仏像やロボットから感じた『なにか』をダイレクトに表現するための手段であり、さまざまなものを内包する聖櫃・匣の役割をしているのではないかと考えている。

 生きていくことで蓄積され続けるさまざまな大切な感覚・『なにか』を、匣であるGardienの中に込めていきたい。

ー上根拓馬ー

Childhood is difficult to accurately recall, but I remember I was often taken around to the temples in Kyoto, and that is where I encountered what are called Butsuzo (statues of Buddha).

I didn’t have any knowledge about Butsuzo, but I could sense the mysterious ambiance they exuded and the dense aura that seemed to leak from inside. I remember being terrified of them.

 Perhaps my young mind was just trying to get a sense of the universe, but at the time, I didn’t understand what this feeling was, and it burned itself deep into my mind.

 Around the same time, I was interested in space suits from Science Fiction movies and Japonism-style robots.

 For some reason, to me, these things also occasionally had that same kind of “smell” to them.

 Before long, I stopped feeling scared of these thing and started thinking that they looked pretty cool.

 When, in my life, what’s called production has begun to occupy for  a significant part, I started to become conscious again of that feeling, which I had sort of forgotten.

 That’s when, I started delving into these feelings and applying them in my works.

 I express myself through model figures, and I have decided to call my 3-dimensional works of art, which are filled with this mentality, “Gardien.”

 This is truly a way for me to directly express that “something” I felt from Butsuzo and robots when I was young. I think these probably served a role like that of the Ark of the Covenant or some boxes, in that, they encapsulated a variety of things.

 I would like to incorporate into these boxes that I call “Gardien” that certain “something,” which I would define as the various important feelings one accumulates by being alive.

ーTakuma Kamineー

 




上根 拓馬  Takuma Kamine

1978年  大阪府生まれ
2002年  東京造形大学美術学科絵画専攻卒業
2009年~東京造形大学絵画専攻非常勤講師

個展
2005年 「混沌秩序」 gallery OPEN DOOR ,東京
2006年 「飽食のアダムとエバ」 gallery OPEN DOOR ,東京
2006年 「 究極の生命形態へ・・・」 デザイン事務所Platform ,東京
2008年 「Project of NOA」 GALERIE SOL ,東京
2009年 「Atlanticus / アトランティクス」 GALERIE SOL ,東京
2010年 「BAVEL’s / バベル」 GALERIE SOL ,東京
2011年 「12 Guardian – M 」 GALERIE SOL ,東京
2013年 「新世代への視点2013」 GALERIE SOL ,東京
2013年 「 カラーチャートによる煩悩の開示・108 guardian Golden DAIDARA」 メタル・アート・ミュージアム 光の谷 ,千葉
2014年 「上根拓馬展33G  28Gardiens Logical Thinking Material」 アートン アートギャラリー,京都
2015年 「上根拓馬展 焔…HOMURA 」 EARTH+GALLERY,東京
2016年 「上根拓馬展Hole dimension 8Gardiens + 」 アートン アートギャラリー,京都

主なグループ展
2003年 「東京ワンダーウォール公募2003」 東京都現代美術館, 東京
2004年 「開けゴマ! vol.2 美術誕生」 八王子市夢美術館, 東京
2005年 「美術誕生 受賞作家新作4人展」 八王子市夢美術館, 東京
2006年 「第4回ムーブアートマネージメント・ポートフォリオコンペティション」 デザイン事務所Platform, 東京
2010年 「東京コンテンポラリーアートフェア +PLUS Tokyo Contemporary Art Fair2010」 東京美術倶楽部, 東京
2011年 「I氏Y氏コレクション展」阿久津画廊, 群馬
2012年 「NEW CITY ART FAIR, Taipei」gallery COEXIST-TOKYO/EARTH+GALLERY,台北
2016年 「See Visions展」 アートン アートギャラリー,京都
2017年 「京都府新鋭選抜展2017」 京都文化博物館,京都
2017年 「 アートフェア東京2017」 東京国際フォーラム,東京

Profile

1978 Born in Osaka
2002 B.A.,Painting Department of Fine Arts, Tokyo Zokei University
2009 Tokyo Zokei University Fine Art part-time teacher

Solo Exhibition
2016 “ Hole dimension 8Gardiens +  ”arton art gallery , Kyoto
2015 “ HOMURA ”EARTH+GALLERY , Tokyo
2014 “ 33G  28Gardiens Logical Thinking Material ”arton art gallery , Kyoto
2013 “ Focusing on a new generation ”GALERIE SOL , Tokyo
2013 “ 108 guardian Golden DAIDARA ”METAL ART MUSEUM HIKARINOTANI, Chiba
2011 “ 12 Guardian – M ”GALERIE SOL, Tokyo
2010 “ BAVEL’s ”GALERIE SOL, Tokyo
2009 “ Atlanticus ”GALERIE SOL, Tokyo
2008 “ Project of NOA ”GALERIE SOL , Tokyo
2006 “ Gluttony Adam and Eve ”gallery OPEN DOOR, Tokyo
2006 “ To the ultimate life form… ”Design Oce Platform, Tokyo
2005 “ Order  Chaos ”gallery OPEN DOOR, Tokyo

Group Exhibitions
2017 “ ART FAIR TOKYO 2017 ”Tokyo International Forum , Tokyo
2017 “ Kyoto Art for Tomorrow 2017 ”e Museum of Kyoto , Kyoto
2016 “ See Visions ”arton art gallery , Kyoto
2012 “ NEW CITY ART FAIR, Taipei ”gallery COEXIST-TOKYO / EARTH+GALLERY, Taipe
2011 “ Mr.I Mr.Y collection exhibition ”Akutsu gallery, Gunma
2010 “ +PLUS Tokyo Contemporary Art Fair 2010 ”Tokyo Art Club, Tokyo
2006 “ 4th MOVE Art Management・Portfolio Competition ”Design Oce Platform, Tokyo
2005 “ Birth Art! Artist Award Exhibition ”Hachioji YUME Art Museum, Tokyo
2004 “ Hirake Goma! vol.2 Birth Art ”Hachioji YUME Art Museum, Tokyo
2003 “ Tokyo Wonderwall 2003 ”Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo