2017.11.05 UP

現在の青図 -浅見俊哉作品展-

バナー-01
会期:
2017.11.30 thu - 12.3 sun
入場料:
無料(イベント時は有料)
時間:
11:00-19:00 ※最終日17:00まで

《EARTH+GALLERYは今後アートコンプレックスとして生まれ変わります。スペースリニューアルまでの間、不定期ではございますが様々な企画を開催予定です。》





この度EARTH+GALLERYでは、短期間ではありますが、浅見俊哉氏による展示を開催いたします。

浅見俊哉はものを直接、感光面に置き一定の太陽光を当てることで写真を制作しています。浅見はカメラを使わずに写真を撮る作家です。浅見にとって写真は「日焼け」です。感光面に当たる光とものがつくる影の差で像を得るフォトグラム(カメラを用いず写真を制作する方法や作品)を2004年から積極的に発表しています。海水浴に出かけた時、海水パンツの跡が身体に写るそれは、浅見にとって最も身体性を持つ写真の一つです。

今回の企画は、2017年9月に群馬県中之条町で開催された 「中之条ビエンナーレ2017」で発表したインスタレーション『Shadow of Lives -2017 』を再構成し発表します。また被爆70年の節目の2015年に広島で発表した『呼吸する影−シダレヤナギ−』を東日本で初めて展示します。

展覧会関連企画では、人間の生活には欠かせない「つくること」、「食べること」、「寝ること」にフォーカスした企画を行い、「生きること」、「生活すること」について改めて感じ、考える機会になれば幸いです。どうぞお気軽にご来場、ご参加ください。

 

◆展覧会関連企画◆

①フォトグラムワークショップ
会期中全日13:00-15:00/参加費1000円・予約不要

カメラを使わずに写真を撮るフォトグラムを制作します。手元でじわじわ映像が生まれる体験をお楽しみください。
作品制作のモチーフとして、大切にしているもの、集めているもの、生活の中にあるものを持参してください。

②対話型鑑賞&ギャラリートーク
12/3(日)を除く会期中全日20:00-21:00/参加費1000円(ワンドリンク制)

仕事帰りやお出かけ帰りにギャラリーに寄って作品鑑賞!
参加者皆で作品をみて、はなす鑑賞会と作品や制作について作者が話をします。

③忘形会・影鍋パーティ
12/2(土) 19:00-22:00/定員25名/参加費3500円(ドリンクは別料金)

(予約制: shunya.asami@icloud.comまで、氏名、連絡先を明記し申し込んでください。)

作品をつくることと食べることの連動企画食材の影をフォトグラムで記録してから鍋をいただきます。暖かい鍋を囲んで作品を楽しみましょう!

 ④作品の中で眠る(③の影鍋パーティと合わせて体験下さい。)
12/2(土)-12/3(日)/・参加費7000円(銭湯入浴付き)影鍋パーティと合わせてご参加の方は10000円また作品購入の際20%割引になる特典付き

※定員5名(予約制: shunya.asami@icloud.comまで、氏名、連絡先を明記し申し込んでください。)

展示作品『フォトグラムベッド』の中で実際に眠ることができます。近くの銭湯「ニュー松の湯」の入浴付き。



現在の青図展2-01















 

 

 

 

 




浅見俊哉(Shunya.Asami)

1982 東京都葛飾区生まれ
写真作家・ワークショップデザイナー・キュレーター

主にカメラを使わずに写真を撮るフォトグラムの手法で作品制作を行う。代表作は、東日本大震災を契機に広島に訪れ、2012年から毎年、広島の被爆樹木を撮り続ける『呼吸する影-被爆樹木のフォトグラム-』がある。

主な作品発表は、Mite!おかやま(岡山県立美術館 2006)、Eternal Echo(NY・A-forest-Gallery 2007)、

呼吸する影(新宿・大阪ニコンサロン 2014・旧日本銀行広島支店 2015・galleryG 2015など)、かがわ山なみ芸術祭(2013・2016)、さいたまトリエンナーレ(2016)、中之条ビエンナーレ(2017)など。

主なワークショップは、モホイ=ナジ・インモーション展関連WS『影をつかまえる』(神奈川県立近代美術館・葉山/DIC川村記念美術館 2011 )、紙上の技法学関連WS(武蔵野市立吉祥寺美術館 2012)など多数。

WEBSITE: http://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami